~経絡と経穴の豆辞典~

経絡の体系(募穴)

◆募穴

 募穴(ぼけつ)の募とは「集結する」という意味があります。
 穴は経穴の穴です。
 募穴は臓腑の気が胸から腹部にかけて集結する経穴を指します。
 鍼灸の世界では臓腑が病状に侵されると、募穴に異常な反応が生じるとされます。
 募穴は肺経に1経穴、胃経に1経穴、肝経に2経穴、胆経に2経穴、任脈に6経穴、計12の経穴があります。

募穴の名称

手陰経
肺:中府(肺経)
心:巨闕(任脈)
心包:?中(任脈)
足陰経
脾経:章門(肝経)
腎経:京門(胆経)
肝:期門(肝経)
手陽経
大腸経:天枢(胃経)
小腸経:関元(任脈)
三焦経:石門(任脈)
足陽経
胃経:中?(任脈)
膀胱経:中極(任脈)
胆:日月(胆経)

◆経絡の体系
◆経絡と経穴の豆辞典
◆気功師養成基礎講座