〜少林派治療系気功術、気功師養成基礎講座の解説〜

◆〜少林内勁一指禅二十代高田像天〜

気功治療教室

【高田像天略歴】

◆少林内勁一指禅二十代
◆南少林気功協会理事長
◆気功治療研究所代表
◆気功師養成基礎講座講師
◆スポーツクラブセリエプライゾ気功教室講師
◆三菱リーブスポーツ気功教室講師
◆スポーツクラブラルクス気功教室講師
◆スポーツクラブルネサンス気功教室講師

【〜略歴〜】

1976年  菅気功師に師事、禅密功の指導を受ける
1980年  尿管結石を発症。上海に渡り金夏生気功老師の治療を受け完治。この経験から、気功術の伝授を熱望し、その後30回以上に渡る渡上海、計9年間に渡り修行を行う。
1993年  気功センター設立。気功療法・気功の実践指導を開始。
1998年  11月2日、上海にて弟子入りの儀式を行う。少林内勁一指禅十九代蕨巧根老師から伝授。
2002年  今までの経験を元に気功の普及活動・気功の実践指導を開始。
2002年  スポーツクラブラルクスにて気功教室を開始。
2003年  生徒ともに上海気功研修(11月)
2004年  スポーツクラブセリエプライゾにて気功教室を開始。(9月)
2004年  気功野外活動開始。
2006年  リーブスポーツにて気功教室開始。
2007年  南少林気功協会設立。

 その他、研修生を連れて中国研修を8回実施。
 各種スポーツクラブなどの気功教室講師活動を経て現在は、南少林気功協会の活動を中心に、全国の受講生のサポート活動、及び指導者育成活動に従事。